人工芝でスポーツすると癌になる?黒ゴムチップから発がん性物質。




人工芝でスポーツや遊んでいる方にとってはかなり衝撃的なニュースですね。

私も以前フットサルを週1回程度、人工芝プレイしていた経験があるので、かなり気になるしショッキングなニュースです。

人工芝って見た目はすごくキレイなので、まさか癌に繋がるとは誰も想像出来ませんよね。

それでは、なんで人口芝が癌のリスクに繋がるのかを説明していきます。

なぜ人口芝でスポーツすると癌になるのか?

人工芝が危ない騒動のキッカケ

2014年アメリカで、大学の女子サッカー選手が次々とがんを発症しました。

その大学のグランドは人工芝であり、同じ人工芝の他大学で調査をした結果、がんを発症した学生が出てきました。

がんを発症した学生のほとんどは、悪性リンパ腫や白血病などの血液のがんでした。

原因は空気中に飛散した黒ゴムチップが口などから入ることによるものとされています。

がんと診断されたのは全部で38名。

そのうち34名がなんとゴールキーパーでした。

キーパーはボールを止めるために、飛び込む頻度が多いためか他のポジションに比べ、ゴムチップを吸い込んでしまうリスクがあるのかもしれません。

2年前の話ですが、テレビでの報道をキッカケに日本でも一気に話題になりました。

 

スポンサーリンク

黒ゴムチップとは

image

黒ゴムチップは人工芝の充填剤(クッション)に用いられること多い。

特に廃タイヤから作られる場合は要注意で、ベンゼン、カーボンブラック、亜鉛など発がん性が物質が含まれています。

フットサル場は大丈夫?

image

あくまで私個人の意見ですが、おそらく大丈夫ではないと思います。

見た目で分かるくらい明らかに黒ゴムチップが使われているフットサル施設がほとんどです。

http://www.ghfutsal.jp/2016/04/21/post-1072/

上リンクのフットサル施設のように施工業者に安全確認されているならまだしも、安全確認が取れていない施設でのプレイはオススメ出来ません。

もしかすると有害な黒ゴムチップを使用しているのに、安全を謳う施設だってあるかもしれません。

「うちの施設は有害な黒ゴムチップを使用してました」なんで言ったらお客さん来なくなりますもんね。

日本でも専門家による正式な調査が入った上での安全確認がされるまで、私は黒ゴムチップがある人口芝では遊んだり、スポーツをするつもりはありません。

山田(だーやま)

2人の子供と相方と京都市内に住むブロガーです。いつかは専業ブロガーになりたいと日々記事を書いております。 職業はコメディカル分野ですので、医療・福祉情報は得意ですが、トレンドニュースなどを中心に、気になる話題をどんどん発信していきます。 京都に興味のある方はこちらのブログも書いておりますので是非チェックして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です