ロキソニンの副作用がヤバイ?食べてから飲むのは常識。




ロキソニンの副作用で腸閉塞

痛み止めとして超有名でとてもお世話になっている薬「ロキソニン」の怖い副作用のお話。

空腹で内服すると胃に悪いって事は知ってたけど、まさか腸閉塞になるとは。

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60mgなど)の使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表した。

医療介護CBニュース

腸閉塞の症状

文字通り、腸が詰まります。色んな原因でなりますが、腸が圧迫されたり、ねじれたりすることで生じます。

腸閉塞が起こると、とにかく痛い。激しく痛い。

吐き気・嘔吐も生じます。

とにかく病院へGO!

重度で無ければオペになる事はありません。

 

スポンサーリンク

ロキソニンを服用する時の注意点

何か食べてから飲めば、沢山内服するとかでない限り問題ないでしょう。

「食べる前に飲む」はNG!

そういえば、邦衛さん元気かな?

ル~ルルルルルッ(キタキツネの呼び方)

お医者さんは、ロキソニンやなくてカロナールを処方してくれる所が多いし、ドラッグストアでかうなら薬剤師さんに聞くのがベストですね!

山田(だーやま)

2人の子供と相方と京都市内に住むブロガーです。いつかは専業ブロガーになりたいと日々記事を書いております。 職業はコメディカル分野ですので、医療・福祉情報は得意ですが、トレンドニュースなどを中心に、気になる話題をどんどん発信していきます。 京都に興味のある方はこちらのブログも書いておりますので是非チェックして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です